LEC公式HP⇒こちら

LEC横浜校⇒こちら

ほかの部屋も ⇒ マン管部屋

2013年6月23日日曜日

薔薇、鬱、瑕疵...  担保責任②

瑕疵…
薔薇や鬱ほどやないけど…
やっぱり、書くのんは不可能や。
それに読まれへん…
薔薇は読めるもんな…

わしの知ってる
ある人なんか、
仕事上、板書せなあかんねんけど、
よー書かへんさかい、
教科書見ながら書こうとしたんやて( ̄◇ ̄;)
ほんだら、
見えへん!見えへん!
って結局、「カシ」って書きよったんやて( ̄^ ̄)








(亀田)
あのう…
人のこと馬鹿にするんはええけど、
見えへんから「瑕疵」ちゅうことも
忘れんようにな。
例えば…地縛霊なんか…
見えたら瑕疵ちゃうで(^_^)









たまには私から、

過去問
【マン管2001-16-3】
AがBに中古マンションを売却するときに、
Aの妻Cが1年前にAの専有部分内において自殺したことを、
AがBに告げないことは、当該マンションの
「隠れた瑕疵」に当たる。
↑ ↑ ↑ ○ ○ 「お~、こわ~」

マン管部屋もそろそろ動き出します。wachagona857@gmail.com





2013年6月20日木曜日

責任ないのに責任おう??? 担保責任①

お題のとおり、
「責任ないのに責任負う」
ねんや。
いっちゃんよう出てくるのが、
その中でも、瑕疵担保責任やん。



そこで、
①売主担保責任(瑕疵担保責任)
②土地工作物所有者責任
③金銭債務
の三つを
「宅建新三大無過失責任」として、
勝手に認定させてもらいます。







過去問
【09-10-1改】
Aを売主、Bを買主として甲土地の売買契約を締結した場合、
 A所有の甲土地にAが気付かなかった瑕疵 (かし) があり、
かつ、気付かなかったことにつき過失がないような場合には、
Aは瑕疵担保責任を負う必要はない。
↑ ↑ × 残念!何らの非のないAだが、負います!!



なんなりとどうぞ(・◇・)♪
もうすぐ、気分変えて、
宅建業法徹底比較やります…よ
wachagona857@gmail.com

2013年6月12日水曜日

これでどない? 弁済③

あんさん、
バイクに興味ありましたな?
ほな、あんたに借りとる
30万返済の代わりに、
この旧車でどない?
カワサキのZ系のええやっちゃで。
50万は下らんで。













こんなおっさんがきたら

言うてあげましょ。










「代物弁済は、『承諾』が必要や。
そんなおんぼろ興味ないわい」

過去問
【2008-8-3】
借地人が地代の支払を怠っている場合、
借地上の建物の賃借人は、
土地賃貸人の意思に反しても、
地代について金銭以外のもので代物弁済することができる。
   ×↑ ↑(正解肢) 意に反してはできません。




2013年6月7日金曜日

うっわ だまされた! 弁済②

「史上最大級で異次元やで~
 どや~骨太やろ~
 ほんなら、10年で150万ほど値上げよってやで~」
  by美しい国の偉いさん

偉いさんの言葉やけど、
関西弁で言うたら、詐欺師の口上やん(/ω\)
「だまされた~」ってなるわぃ

ただし、不動産でこれ言うたら完全アウト(´・_・`)
やんな(宅建業法&景表法)。
 


だまされた~
ってわけやないけど、
間違えて、関係ない人に借金返してもたら?
「どあほう!」
もっぺんちゃんと返さんかい!!
とは言い切れへんやんな(^_^)

過去問
【1999-5-3】
「AからBに対して代金債権を譲渡した」旨
記載された偽造の文書を持参した代金債権の準占有者Bに
Cが善意無過失で弁済した場合、
Cは、代金債務を免れる。
 ↑○(やった~(^_^))

今日、試験概要公表されたで
なんかせまってきたな。

なんなりとどうぞ(・◇・)♪
wachagona857@gmail.com





2013年6月5日水曜日

金返さんかい!! 弁済①

祝!!
サッカー日本代表
ワールドカップ出場決定!!

正直、あんま、…やけど、
とりあえず「祝!」

来年の本戦は、宅建も管業も
今年受かってゆっくり見よな(^_^)









話は、全然関係ないけど、
まったく泥臭うなって、
むかし、










こんな兄ちゃんが、
借金持ちのオトンのおらへん時に、
「オトンが返されへんねやったら、
 オンドレが返さんかぃ!!」
ってきた事があった…

連帯保証人にでもなってない限り、
返さんでええからな。
いや、返したとしても意味ないこともある。

過去問
【1993-6-1】
AのBからの借入金100万円の弁済に関して、
Aの兄Cは、Aが反対していても、
Bの承諾があれば、Bに弁済することができる。
 ↑×(正解肢) 利害関係のない第三者は、
    弁済者の意思に反する弁済ができない。
    親子も利害なしや